レイクALSAでお金を借りる時に行う在籍確認とは

レイクALSAでお金を借りる時は、在籍確認が行われます。在籍確認は、申し込みの時に伝えた自分の会社に、その人が勤めているかどうか調べるものです。レイクALSAの社員が直接その会社に電話をかけます。電話がかかってくると、自分がお金を借りたことがばれるかもと思われるかもしれません。しかし、レイクALSAの名前は出すことはないので、心配をする必要はありません。電話をかける人がただ自分の名前を告げるだけです。そして、あなたの名前を言って、そちらにいらっしゃるでしょうか、とたずねます。

 

在籍確認の場合は、自分が電話を取ることもあります。その場合でもレイクALSAの人は、自分の会社の名前を出すことはありません。生年月日や住所を聞かれますが、それを答えたら終わりになります。小さな声で答えたら、近くにいる同僚に聞こえることはありません。自分が電話を取るときは、電話をかけてもらう時間を相談できます。希望の時間があったら、あらかじめ伝えておきましょう。どの時間を頼んでも、特に拒否されることはありません。ばれないように気を使うのだったら、会社が一番忙しい時間にかけてもらうのが良い方法です。忙しい時間でみんな働いていれば、電話がかかってきても、それを気にする人はいないからです。

 

在籍確認は、あくまで確認のプロセスです。カードローンを申し込んだ人がその職場で本当に働いているか確認します。借りる人のプライバシーを侵害するような行為をすることはありません。カード会社の人も、お金を借りる人が、そのことを他の人に知られたくないことは十分理解しています。

 

どうしても在籍確認を避けたい場合は、借りる前に相談してみましょう。その会社に勤めていることが分かる書類を提出すれば、在籍確認を免除してもらえる可能性があります。給与明細などが使えますが、直近のものでなければ、拒否されるか恐れがあります。

 

無職だったらカードの審査に通りにくくなると思い、会社には勤めていないのに勤めているという嘘の申告をしてはいけません。嘘の申告をしたら、それがばれるのは確実です。ばれたら、カードの審査に落ちてしまいます。

 

自営業者の方の場合も、在籍確認があります。自営業者の方だったら、自分が働いていると申告した場所に電話がかかってきます。その場合も、レイクALSAの社員は自分の会社の名前を出すことはしません。もし自分以外の人が電話をとっても、お金を借りたことがばれることはありません。