レイクALSAでお金を借りる時に必要な身分証明書とは

レイクALSAでお金を借りるときに必要な身分証明書は、本人の顔写真等が掲載されている公的な証明書が好ましいです。運転免許証などがあれば理想的ですが、なければパスポートであっても構いません。この点に関してはレイクALSAの案内書やホームページの必要な書類欄にきちんと掲載されていますのでわからないときには確認しておきましょう。

 

そもそも、レイクALSAは消費者金融であるため審査の基準はあくまでも貸金業の基準で行われることになります。貸金業の基準は銀行のような金融機関の基準と異なって、簡易的でわかりやすいものばかりです。なぜそのような簡易的なもので許されるのかというと、法律によってそういったサービスを提供することを許されているからにほかなりません。そして、そうしたことを前提に消費者から融資の申込を行ってもらうためのツールを提供しているので、審査を簡易的にしないとそもそも融資の判断を行うことが出来ないのです。

 

例えば、レイクALSAにも無人契約機が存在しますのでそれを利用して融資の申請をする人は非常に大勢います。そして、無人の契約機を利用している以上は審査基準もそれに合わせて行わなくてはいけません。銀行などでカードローンを利用する時には自宅で申請をするときであっても必要な書類をその銀行に届けなくてはいけませんが、無人契約機で申請をする時にはそもそも郵送をする手段が存在しないのですからそのようなことができません。即日融資をサービスの売りとして提供している以上は、その範囲内で簡潔な審査に終止しているわけです。

 

実際に、身分証明書を提出するときもその証明書を相手に対して郵送しなくてはならないわけではありません。持っている携帯端末があればそれに備え付けられているカメラ機能を利用してそれを撮影し、撮影された身分証明書の写真をメールなどで送付することになります。そして、送付された内容をレイクALSAの方で確認できればそれで審査に通ることができるのです。

 

誤解をしている人も多いですが、消費者金融は個人の消費者に対して融資を特化している企業であるからこそ消費者金融という名称がついています。消費者が返済不可能な大きな融資は法律によって禁じられており、必ず返済しやすくそして借りやすい金額でお金を利用することが出来ます。この前提でサービスが成り立っていますので、実際の審査もそれ以上の審査をする必要がなく身分証明書だけではなく収入証明も簡易的な方法で済ませることができることを知っておきましょう。